あおり運転をされたときの証拠や記録のためにもドライブレコーダーは便利です!

気に入ったらシェアして下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

最近はあおり運転による被害の報道や、関連する暴行・傷害等の報道を多く目にします。
その際にドライブレコーダーで録画された動画をニュースでもよく目にするようになってきました。
あおり運転というのは絶対あってはならないことですし、被害を受けた方にとっては大変迷惑なことです。
ただ、被害補償を受けたり、警察への連絡や裁判等の手続きの際に必要となってくるのが、証拠です。
私は現在、前方のみの画像を録画できるドライブレコーダーを使用していたのですが、あおり運転の報道を受けて、前後2台のカメラを搭載しているドライブレコーダーを購入して取り付けるようにしました。
Amazonのサイトで吸盤取付タイプとバックミラータイプの2種類をピックアップしていますので、皆さんもぜひ参考にして下さい。

吸盤取付タイプ

吸盤取付タイプはフロントガラスに吸盤を利用して取り付けるタイプです。
手軽に設置できるので初めてドライブレコーダーを取り付ける方でも安心して使えます。
32GのSDカード付きなのでSDカードを追加購入する必要もありません。

【改良版32Gカード付き】 ドライブレコーダー 前後カメラ 1080PフルHD 1800万画素 ドラレコ 170°広視野角 SONYセンサー/レンズ 常時録画 G-sensor WDR (ブラック)

バックミラータイプ

こちらはバックミラーの上から取り付けるタイプです。
こちらも32GのSDカード付きなのでSDカードを追加購入する必要もありません。

ドライブレコーダー 前後カメラ バックミラー型 ドラレコ タッチパネル 32Gカード付 1296PフルHD 高画質 ミラー Gセンサー 駐車監視 ループ録画 WDR/HDR技術 防水 日本語システム

今回は、2種類を紹介しましたが他にも色々とドライブレコーダーはあります。
今回、紹介した2機種のサイトを見ると、類似商品も一緒に表示されるので是非、参考にしてみて下さい。

気に入ったらシェアして下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です