ドライブレコ-ダーが必要なわけ

次の映像を見て下さい。

写真の画像だけを見ると自動車とバイクが衝突して自動車の過失が大きいように見えます。

バイクと車の衝突現場

バイクと車の衝突現場

ところが次の動画を見ると明らかにバイクが悪い(自動車が悪くない)という事が判ります。

つまり、結果だけを見るのと、途中経過を見るのとでは明らかに判断が異なるという事です。

この状況でもしバイク側の運転手が意識不明だとか無くなっていたりしたら、写真だけでは自動車の過失が大きく問われる可能性があります。

しかし、ドライブレコーダーで記録をしていれば、客観的な状況証拠が出ているので自動車側の過失が問われる可能性は低くなります。

交通事故というのは最終的にはお互いが加入している保険会社のやり取り(過失割合の交渉)に終始してしまうので、往々にして保険会社同士の折半や譲歩が出て来ますし、写真だけでみるとバイク側の言い分が強くなる可能性があります。

それを覆すだけの証拠は口頭で状況を説明してもなかなか進むものではありません。

そんな時の重要な判断材料として役立つのがドライブレコーダーといえます。

特に事故が起きた時に負傷をしていたり、興奮状態になっている時に、冷静な判断はなかなか下せるものではないので、客観的な判断材料は必要となってくるでしょう。

また,次の動画をご覧ください。

当たり屋が車に体当たりする瞬間です。

これはドライブレコーダーが付いているから当たり屋だとわかりますが,ドライブレコーダーが付いていないと完全に車側の責任となります。

こんなトラブルのためにもドライブレコーダーは車を運転する方にとっては必需品といえます。

気に入ったらシェアして下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする