業務用と自家用の違い

業務用のドライブレコーダーと自家用車用のドライブレコーダーの違いですが、業務用は企業で使用する車両の運行記録用として以前はタコグラフ等を使っていたのがドライブレコーダーに代わってきています。

対して自家用車用は万が一の事故の記録を残し、事故原因解明やスムーズな事故処理を行うためのものになります。

当然、業務用もこの側面は持っています。

また、事故以外の時でもドライブレコーダーを搭載することによる、安全運転への意識付けという側面もありますし、ドライブの記録映像として後で楽しむことも出来るという使い方もあります。

メーカーや機種によって様々な機能があるので、用途に沿ったドライブレコーダーを選ぶ必要があります。

最近では安全運転を促すメッセージや音声ガイダンス機能が搭載されている機種もあるようです。

また、GPS機能を内蔵しているモデルも出ているようで、走行場所や速度、時間等をグーグルマップと連動させる機種も出ています。

業務用で移動ルートの記録にも使えますね。

気に入ったらシェアして下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする